2012年10月01日

いよいよ今週末は、都内で国際シンポジウムです!

ARUNソーシャルインベストメント国際シンポジウムが今週末となりました。
多数のお申込みをありがとうございます!ゲストの皆さんからも、
力のこもったプレゼンテーション資料が続々と届いています。

#######################################
日時:2012年10月6日(土)、10月7日(日)
    −10月6日(土)13:00〜17:30(12:00受付開始)、18:00〜懇親会
    −10月7日(日)13:30〜18:00(13:00受付開始)

日本財団ビル 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

   (詳細とお申し込みはこちらから)

######################################

先週の土曜日、今回お招きした3つの社会的投資機関
についての勉強会を行いました。3団体とも、途上国の様々な問題の解決
に取り組む社会的企業に対して、寄付ではなく投資により支援していこう
という点は共通しています。

しかし、各団体を詳しく見ていくと、組織形態も、投資手法も、
資金の集め方も異なっています。
資金を寄付で集めて長期的な投資を行うアキュメンファンド
元本や配当を出すことを目標にインドで投資活動を行うアヴィシュカル
概ね年2%の配当を継続して35年間出し続けているオイコクレジット
それぞれどのような文化的背景のもとにファンドが形作られているのか、
投資はどのような社会的インパクトを生み出しているのか、
そして投資家はどのようなリターンを得ているのか。
具体的な事例を学びながら、日本に適した社会的投資のあり方を
皆様と共に考えていければと思っています。

また、社会的投資団体だけでなく、ARUNの投資先の社会起業家も登壇します。
首都プノンペンと、アンコールワット観光で有名なシエムリエプで
ブティックホテルを経営するフランジパニ
小規模農家の連帯と発展を目指して米事業を推進するサハクレアセダック
カンボジア社会における社会的企業の役割について当事者の視点で
語っていただきます。

シンポジウムは英語での議論が中心になりますが、同時通訳の方にも
しっかり二日間サポートいただくので安心です。
ゲストの名前の読み方から新しい用語の訳し方まで、
通訳の方との打ち合わせも綿密に行いました。

当日のパンフレットは、いつもお世話になっているデザイナーさん制作、
度重なる変更にものともせず素敵な作品に仕上げてくださいました。
いよいよ今週末、10月6日(土)、7日(日)、
東京虎の門の日本財団にて、皆様のご参加を心よりお待ちしています!

日時:2012年10月6日(土)、10月7日(日)
    −10月6日(土)13:00〜17:30(12:00受付開始)、18:00〜懇親会
    −10月7日(日)13:30〜18:00(13:00受付開始)

日本財団ビル 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

      (お申し込みはこちらから)
posted by ARUN at 23:46| Comment(0) | アジア 投資  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。