2009年06月11日

三菱総研にて講演を行いました。

今日は、三菱総合研究所にて、代表の功能が講演を行いました。SIFCのメンバーに三菱総合の社員がおり、社内の自主的な研究会に講師として招かれました。当初の予定以上に多くの人が参加し、「社会的投資」や「ソーシャルビジネス」に対する関心の高さが伺えました。前半の講演では、代表のカンボジアでの10年間に及ぶ経験、そこから見えてきた従来の援助の限界と投資という新たなつながりの可能性、カンボジアの素晴らしい社会起業家達への熱い想いに、皆が興味深く耳を傾けました。後半のセッションでは、いくつかのグループに分かれ、投資のインセンティブやSIFCの今後についてディスカッションを行いました。SIFCのメンバーだけでは思い及ばなかった、面白い意見が出てきました。
今回の講演を通じて、寄付とも金融の投資とも違う、「社会的投資」の意義、魅力について、一般の方々に伝えていくことの重要性、見せ方の大切さを再認識できました。


posted by ARUN at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。