2009年06月07日

倉田ペッパーの倉田社長にお会いしました。

今日は、倉田ペッパー社長の倉田さんにお話を伺いました。倉田さんは、カンボジアで最高品質のコショウを化学農薬を使わない自然農法で栽培されています。現地の雇用も20人を超しており、栽培面積を拡大するなど、ビジネスを着実に展開されています。
しかし、倉田さんもここまでの道程は決して平坦ではなかったとのこと。1992年に初めてNGOスタッフとしてカンボジアの地を踏まれ、経済の重要性、特にカンボジアから輸出できるほど高い品質の商品を作ることの重要性に気付かれたそうです。人件費などの製造コストの安さを売りにするのではなくて、付加価値の高い産業を地方の農村で、農家の人たちと一緒に作っていく事業を開始されたのです。日本でお金を借り、返済に迫られながらの、試行錯誤の日々。最初の畑では、出荷できるようになるまでに5年間かかったそうです。一時期は諦めようとまで思われたこと、それでもトライし続け、そのような中での出会われた人々とのエピソード(素晴らしい奥様との出会いも!)。

また、倉田さんがvice chairを務められるカンボジア有機協会のお話では、カンボジアで有機栽培をすることの難しさをお話頂きました。カンボジアでは食品安全基本法など、最低基準となるべき土台がなく、試験場や審査機関といった、食の安全に必要なインフラがありません。目に見えない安全のような概念はカンボジアの人々に伝わりにくい部分ではあるけれど、まずは食の安全からしっかり教育を根付かせていかなければならないおっしゃっていました。

Black_Bag_Kami_CP.gif倉田さんの原動力となっているのは、カンボジアを良くしたい、というまっすぐな想いだと感じました。言葉の端々、エピソードの一つ一つから倉田さんの想いが伝わってきました。

貴重なお話を、本当にどうもありがとうございました!



↑ 倉田ペッパーのコショウ、パッケージもとても可愛いです。


posted by ARUN at 22:13| Comment(0) | ひと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。