2009年03月29日

2日目A Kampot州の生産者組合

Takeo州の生産者組合を訪れた後、ライスワインの工場を見学予定だったのですが、CEDACスタッフの勧めにより、Kampot州の倉庫を見にいきました。IMGP1776.JPGこの倉庫は、自然米事業ではなく、ローカル米事業の一貫として、ローカル米の保存のために作られたものです。急に訪れたせいか、周囲には誰もいなかったため、CEDACのスタッフが倉庫のとびらを開けます。中には米がぎっしり・・・一歩踏み出すと、暑い!!急いで作った倉庫のため、ファンや窓が間に合わなかったそうですが、それにしてもあまりに暑すぎて、お米が醗酵してしまわないか心配です。(暑さは伝わりませんが、写真を載せます。)


その後集まってくれた農民の皆さんに話を聞くと、
・リーダーが不在なので、組合の名前やメンバーはよく分からない。(組織化はまだこれから?)
・(化学肥料が高額なので)無肥料で育てた米も混ざっている。(せっかく無肥料で育てても価格は同じ?)
・今年は収穫後に2回、仲買人を通じてベトナムに米を売った。倉庫を作って米が集められたお陰で、個別に仲買人に売っていたときより、交渉力が強まり、高額で売る事ができた。

自然米ではないので、CEDACが買い取ってプノンペンで売るという事業ではいものの、せっかく集めたお米を仲買人を通じた闇ルートで、ベトナムに売ってしまうなんて、納得がいかない気もしました。でもCEDACによると、まずは農民を組織化し、米を集めて売れるようにするということが第一歩、とのことです。


posted by ARUN at 02:00| Comment(8) | 1st Mission | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。