2009年03月29日

2日目@ Takeo州の生産者組合(精米所)

2日目は、Takeo州の生産者組合に行きました。ここは、CEDACの支援により精米所を作り、自然米とローカル米の保存、精米、販売を行っています。精米所の隣には、日用品のお店もオープンしています。倉庫には、お米がたくさん積まれています。お米の量にくらべ、ベトナム製精米機は素人の私がみても簡素な様子・・・。IMGP1759.JPG

ここでは最初に、聡子さんがファンドについて説明。皆さん、とても興味深そうに聞き、ファンドへの応援メッセージを頂きました。

次に、ワークショップ形式で、CEDACの自然米事業に関わって良かったことを挙げてもらいました。ペンと模造紙を渡すと、何のファシリテーションも受けずに、どんどんきれいな字で書いていきます。
○食料不足が解消された。
○高額な化学肥料を買わずにすみ、コスト削減になった。
○家が大きくなった。屋根が立派になった。
○養豚や野菜栽培を始めた。
○他の農民や地方の役人との交流が生まれた。
○自然を愛する心が芽生えた。
○米作りの重要性が分かり、農民としての自尊心が高まった。

精米所には、プノンペンの大学を出たばかりの若い男性がいました。英語が話せて、プノンペンでは就職先がなく就職活動中で、オフィスで働きたい、と言っていました。私の中では農業に対する思いが勝手に高まっていたので、オフィスで働いたって面白くない!ここで働きなさい、ここで!と諭したくなりましたが、非常に余計なお世話だと思いました。


posted by ARUN at 01:00| Comment(0) | 1st Mission | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。