2012年02月05日

ARUNの国境を越えた調査が進行中

ARUNのパートナー数も
ついに70人となり、
ゆっくりと勢いづいている。

昨日の
月例パートナー会に約30人出席
スカイプ参加が4人なので
出席率約50%、会議室はすし詰め状態となった。

今日のパートナー会のメインテーマは、
JICAプロジェクト中間報告。
国境を超えた調査が始まって約1年たった。

カンボジアと日本を頻繁に行き来している
小野パートナー、フランス在住の西岡パートナー
タイ在住の日下部パートナーらから
スカイプも駆使して
JICAのBOPプロジェクトの進捗状況が報告された。

カンボジア国内の金融機関で
不動産担保をつけない中小企業向け融資に取り組む事例が
出てきているが
まだまだであることや

世界のSRIや社会的投資の現状がどうなっているのか
ということで
ケニアにおける社会的企業向け融資事例に関する
報告もされた。

またカンボジアで展開中の
天然ハチミツ事業について、
低所得者に大きな経済的裨益をもたらすビジネスになっているので
うまく事業を拡大できれば
とても役立てるのではないかといった意見が
出された。

ARUNの立ち位置を確認しながら研究、検討は続く。
posted by ARUN at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。