2012年01月22日

木曜日のソーシャルファイナンスシンポジウムに是非おこしください!

皆様

年に1度、東京でのARUNシンポジウム
いよいよ木曜日夜に迫ってまいりました。
2度と実現しそうにない豪華な顔ぶれが
一堂にかいします。
どうぞおこしください。

■日時:2012年1月26日(木)
18時30分 会場受付開始
 19時00分〜21時00分 シンポジウム
 21時15分〜 懇親会 

■東京都港区赤坂1丁目2番2号
        日本財団ビル2階
         地図

■プログラム概要(予定)
 1.ARUN代表 功能聡子 2011年度の活動のご報告
 2.ゲストスピーカー・ARUN代表・ディレクターによる
    パネルディスカッション
   「ビジネスとソーシャル・インベストメントから
    生まれる新しい国際協力の形」

■ゲストスピーカー 
 あすかアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長 谷家 衛氏
 NPO法人かものはしプロジェクト共同代表 青木健太氏
■会場
 日本財団ビル2階 大会議室 地図
■参加費
 1,500円 ※おつりが出ないようにご協力をお願いいたします

功能代表から改めて
催しの狙いをご説明させていただきます。

2011年は私たちにとって本当に大切なものは
何かを改めて考えさせられる年でした。

多くの方が生命を落とされたその悲しみと意味
とを私たちは時間をかけて受け止めていくので
はないかと思います。

同時に震災復興を契機に、東北地方の企業や
起業家を応援する様々な新しい仕組み〜市民参加に
よる小口出資ファンドや、海外からの寄付を
原資とした中小企業支援の仕組みなど〜も生まれました。

こうした民間の動きに連動して、年末には
金融庁が、金融検査マニュアルの運用明確化
(「資本性借入金」の積極的な活用)を
行って中小企業の経営改善を後押しするなど
制度面でも変化が起きつつあります。

ソーシャルなお金の流れをつくろうという動きが
ますます大きくなっている今年、ARUNも
初心を忘れず、前進していきます!

今年最初のイベントは、1月26日に東京で開催する
ARUN設立2周年シンポジウム
毎年、ARUNのビジョンに共感してくださる
先鋭的なゲストの方々にご登壇いただいてい
ます。今年のゲストは、投資家としてインパクト投資にも
ご関心をお持ちの谷家衛さんと、
NPO法人かものはしプロジェクトの現地コミュニティ
ファクトリーで、日々カンボジア人ワーカーと奮闘する
青木健太さんのお二人をお招きします。

異なる立場からカンボジアの将来性を見ておられる
お二人とARUNディレクターが、
社会的企業と社会的投資の役割と未来について語ります。

シンポジウムの後には、フレンチレストランで
懇親会も予定しています。
懇親会もあわせてぜひご参加ください!


功能聡子


posted by ARUN at 12:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。